忍者ブログ
HOME Admin Write

昨日よりほんの少し

今日が昨日より少しだけ良い日でありますように

今朝のNHK 番組<あさイチ>
テーマは『どうする?実家の処分』

こういうテーマはついつい見てしまう。
売る? 貸す? 維持?
親が認知症になってしまった時の、家族信託や成年後見人制度の問題や、
実家を処分したいけれど、古くて買い手がつかない。
土地の境界線がわからなくて、売ろうにも売れない。
遠方の実家の維持管理にかかる交通費がばかにならない。
さまざまな悩みが紹介されていた。

途中、空き家の再利用も提案されていたけれど、
世の中、古い家に価値を見出せる人、昭和レトロが好きな人ばかりじゃなかろうし、
ちょっと現実味に欠けているような気もした。

家にもよるけれど、空き家の管理には、固定資産税等で年間34万円かかるとか。
それを多いと考えるかどうかは、個々の判断にもよるけれど
誰も住まない家の管理にかかる費用は、誰にとってもありがたくない。

家もひとも同じように年をとる。
家という本来は安心できるはずの存在が、
残された者の気持ちの負担でしかないのだとしたら、、、
それはやっぱり悲しいことだ。

私もかつて親の家を処分した。(記事はこちらに
渦中にいる時は、ひたすら面倒で気が重かった。
なんで私が、、、という気持ちも正直あった。
でも、今振り返るに、あの時自分に体力と気力のあるうちに
行動できたことは、本当によかったと思える。
今の自分なら、、、頼まれても絶対にできないから(=_=)

夫と離れて暮らす今の暮らしは、気楽ということをはぶけば、
不安と心細さの連続だ。
でも、親の家の処分に悩むことだけは(幸いにも)もう無い。


にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ
にほんブログ村

拍手[0回]

PR
50代後半。
なにか良いサプリメントはないかと思い始めてみた、
<ローヤルゼリー&セサミン>
飲み始めてまだ3ヶ月なので、効果のほどは正直まだ分かりません^^;

以前、大〇製薬の<エクエル>を試したこともありました。
そう、あの大豆イソフラボン由来のサプリメントです。
<ソイチェック>という、体内でエクオールが作れているかどうかという
チェックも受けてみました(幸い、少量ですがエクオールは作れていました)

ただ、粒が大きくて飲みづらく、、、あの大きさを4錠はちょっと(-_-;)
しばらく休止した後、こちらを続けてみることに。

イソフラボンもローヤルゼリーも、どちらも更年期の女性には大切な成分。
多くの女性が経験するという、ホットフラッシュこそ無かったものの、
私の場合は、生理が終わる頃と、脚(股関節)の具合が悪くなっていく時期が
見事に重なっていました。

ある女性クリニックのHPの言葉を借りると、
更年期は本来、「年が更(あら)たまる」という意味で、
「人生という階段を、登るときは元気よく登っていいけれど、
降りるときには十分注意して降りてください」という意味だそう。
な、なるほどぉ、、、うまい事言うもんです。
でも、ストレートに言うと、更年期=老年期(の入り口)
認めたくはないけれど(^^;

とりあえずは、長く続けてこそ実感できることもあると期待?して
このサプリメント、もうしばらく続けてみることにします。




にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ
にほんブログ村

拍手[0回]

喪中はがきがポツポツと届く季節になった。
毎年この時期になると、
「年賀状をいつまで続けようかな」という気持ちになる。

時々、50代~60代くらいの人の「年賀状をやめました」という話を聞く。
これまでの人間関係を整理して、残りの人生をシンプルに生きようという
思いからなんだろう。

毎年欠かさず出してきた年賀状。
高校時代の友人とのやりとりは、かれこれもう30年以上になる。
文字通り、年賀状だけのお付き合いではあるけれど、
「子供が結婚しました」とか「おばあちゃんになりました」という報告に
『みんなそれぞれの場所で、それぞれの一年を過ごしてきたんだなあ』と、
じんわりとくるものがある。

SNSが普及したこの時代でも、年賀状だけは別物感があるから不思議なものだ。
「もういいかな」と、自然に思える日が来るまで、もうしばらく続けてみようかな。

『子供たちも独立し、夫婦ふたり暮らしが始まりました』
そんな文面で年賀状を出す日が、できれば来て欲しかったけれど(´-`*)




にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ
にほんブログ村

拍手[2回]

久しぶりに、映画《めがね》を観た。

登場人物同士のセリフは少なめで、むしろ素っ気ないような感じさえ。
特別な出来事が起こるわけでもなく、淡々とした風景と海の美しさが、
隙間を綺麗に埋めている。

道に迷わずに、引き寄せられるひとだけが訪れることのできるこの場所。
こうでなければいけないことは、ここには何も無いけれど、
ここに居るには、ある種の「才能」がいるらしい。


サクラさんのちょっと奇妙でコミカルなメルシー体操や
「あの時あのかき氷に遭遇していなかったら」とユージさんが語るかき氷。

『焦らなければそのうちきっと』
『一度死んだら二度は死なない』
サクラさんの台詞に込められた、深いエッセンスにツンとくる。

サクラさんの正体は何なのか。
どこから来て、どこへ帰っていくのか。
春になるとやってくるということ以外、結局最後まで分からないまま。

道に置いてきたままのタエコさんのトランクは「どうするねん」と
個人的な突っ込みはあるものの^^;、その頃から少しづつ
島の空気に馴染んでいくタエコさん。
トランクや、落としてしまっためがねは、タエコさんが抱えてきた
実社会のしがらみだったのかな。

絵画のような海辺のラストシーンに、ちょっと目頭が熱くなる。
《かもめ食堂》とともに、何度もふわりと観たくなる、、、そんな映画です。


※画像はお借りしました。


☆映画 めがね 監督:荻上直子 2007年公開作品☆


にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ
にほんブログ村

拍手[0回]

今朝も冷えました。
おまけに肩こりもひどくて、肩から首がパンパン(>_<)
こんなときは、やっぱりお風呂でemoji温まるのが一番。

小窓から外の光がほんのりさして、朝のお風呂って気持ちがいい。
こんなことができるのも、ひとりの気楽さなのかも。

ゆっくり温まった後は、冷やさないよう厚めの靴下を履いて。
冷えは股関節の痛みに大敵なので、これからの季節は特に神経をつかいます。

そして温かいほうじ茶ラテemoji
カップに牛乳とほうじ茶のティーバッグを入れて、そのままレンジでチン。
お鍋で牛乳を沸かしたり、面倒なことをしないのが私流(^^ゞ

中と外から身体がしっかり温まったら、、、
さあ買い物に行きますか。




にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ
にほんブログ村

拍手[1回]

プロフィール

HN:
あんどーなつ
性別:
女性
自己紹介:
結婚を機に京都から東京へ。
2017年末娘の成人をもって、子育てもほぼ終了。
50代の後半がスタートしました。
現在、念願の(?)ひとり暮らしを満喫中。
右脚の変形性股関節症 温存中です。

フリーエリア


カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
3
5 7 9 11
16 18
21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

Copyright ©  -- 昨日よりほんの少し --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]