忍者ブログ
HOME Admin Write

昨日よりほんの少し

今日が昨日より少しだけ良い日でありますように

このブログを始めたのは、2017年2月の誕生日。
今日で、ちょうど二年になりました。

昨年の今日は、どんなことを書いていたのかと
過去記事を見てみたら、、、
<今年の目標は、とにかく脚を治すこと(できれば耳鳴りも(;_:)>
と、ありました(*´з`)

おかげさまで、脚のほうは昨年無事に手術を終えて、
順調に回復しています。
でも、耳emojiのほうは、二年目に突入してしまいました(悲)

昨日は、部屋に立ち寄った夫と、ロイホでランチをしてきたのですが、
今日が私の誕生日だからといって、特にまあ、特別なことは無かったです(^^;
軽くワインはいただきましたけどemoji

飽きっぽい私が、この二年のあいだ、挫折せずにブログを続けてこられたのは、
気持ちを文字に変えるという作業が、性にあっていたのかも?しれません。
パソコンを開けて文字を打っているうちに、
重い気持ちが少しづつ整理され、ラクになることもありました。

50代のカテゴリーにいられるのもあと少し。
二年後の居場所(定位置)を求めて、
今年一年、あちらこちらと彷徨う?かもしれませんが、
また今日から、どうぞよろしくお願いしますm(__)m


 
ワインはグラスに一杯だけ♪




拍手[2回]

PR
上の娘が小学生の時からの付き合いで、
今でも時々メールをやりとりする友人がいるのですが、
昨日来た彼女のメールは、こんな言葉で結ばれていました。

『、、、それでも自分をだましだまし、毎日を送っています』

その少し前に来た彼女のメールにも、こうありました。

『私は毎日自分をだましだまし、なんとか日々暮らしています。
こんなはずじゃなかったのにと、、、』

昨年、一足先に還暦を迎えたその友人は、
PTA副会長を何年も勤め、当時は自信満々のように思えましたが、
家族の変化、年齢を重ねることの様々な不安も重なり、
とくに最近は、ご主人との折り合いが悪いことへの悩みもあってか、
後ろ向きな内容のメールが多くなりました。

でも私、、、
二通続けての「自分をだましだまし」メールに、
「またか」という気持ちになってしまい、、、
心を許してくれているから、弱音を吐いてくれるのでしょうが、
「私にとって、長生きは罰ゲームのようです」なんてあると、
正直、こちらまで気が滅入ります。

こんな時、「〇〇さんの気持ちわかります」と返すのが、
きっと優しい友達なのでしょうが、私はできませんでした。

『思い通りの人生が送れなかったのは、私も同じ。
こんなはずじゃなかった、、、も同じです。
〇〇さんだけじゃありません。
だましだましという言葉の連続に、私はちょっとイラっとします』

そう返信をして、受信拒否してしまいました(しばらくの間ですけどねemoji
三通目もまた同じ内容が来たら、こちらの身がもたないです。
50代もそろそろ終わりが近づいた今、
良い人になるのは、もうヤメました。

私、冷たいですか?(-_-)






☆拍手コメントをいただいた、monちゃんさんへ

お久しぶりです♪
先月、一年検診を終えられたのですね。
手術から一年、、、早いですね。
異常なしとのことで、何よりでした(^^)

私も、術脚の調子が良すぎて、
最近は、手術をしたことを忘れるくらいです。
でも、いずれ左脚も、、、となる可能性が高いので、
その時のためにも、右脚は大事にしていかないと。

年齢を重ねても、友人関係は難しいですね。
長年、付き合ってきた間柄でも、時間の経過と共に、
すべてに共感できなくなってきたり、、、
昔から、ベッタリした友人関係(特に女性同士の)が苦手で、
ひとりで行動するほうがラクだと思ってしまう性格なので、
冷たいヒトと思われがちな私です(^^;)

寒くなったり暖かくなったり、気温の変化が激しいです。
monちゃんさんも、どうぞご自愛くださいね(^^)





拍手[5回]

大庭十萬里「春花さん、もしも明日が人生最後のゴミの日だったとしたら、
      どうします?」
春花「そんなこと、現実にはありえないでしょう」
大庭十萬里「そうとも言い切れません。今やゴミ処分場はどこも満杯です。
      そういう日が来てもおかしくないと、私は思っています」


物語に登場する、大庭十萬里(おおばとまり)さんは、片づけ屋さん。
50代の女性で、体系は、顔もからだも丸くてぽっちゃり体系。
<断捨離>のやましたひでこさんや、
<人生がときめく片づけの魔法>のこんまりさんのように、
マスコミには一切登場しませんが、単なる片付け屋ではなく、
人生そのものを整理してくれる、スーパーおばさんという設定です。

ケース1 妻子ある男性といつかは結婚できると信じながら、
     汚部屋に暮らす、独身のアラサー女性
ケース2 妻に先立たれたものの、スーパーにさえ行ったことのない
     家事いっさいを娘に頼りながら暮らす60代の男性
ケース3 資産家で、広すぎる家にひとりで暮らす
     とにかく物を捨てられない老女
ケース4 他の部屋はゴチャゴチャなのに、何故か一部屋だけは
     綺麗にしてある主婦

4つのケースを通して、十萬里さんは、モノだけではなく、
その人の人生に寄り添うことで、家を人を再生させていきます。

突然の事故で、中学生だった息子を失い、その喪失感と悲しみに溺れて
家事ができなくなってしまった、ケース4の女性。
これは、、、泣きました(:_;)
小説を読んで、泣いたのは久しぶり。

この小説がもしドラマ化され、十萬里さんを、
誰かが演じるとしたら、、、と考え始め、そこで思考停止。
やめとこやめとこ。
下手に演じられたら、イメージが狂っちゃう。
「ポロシャツの袖周りがきつそうで、二の腕がむにゅっとはみでている」
この描写だけでもじゅうぶん、十萬里さんのイメージが湧きますもんね(^^)

モノを片付けることは、人生のカタをつけること。
必要最小限で暮らしていると、自負?している私も、
この小説を読み終わった後、まだカタをつけるところはあるのでは、、、と
あらためて、部屋を見まわしてみたのでした。


垣谷美雨『あなたの人生、片づけます』




拍手[4回]

何があったかは書けませんが、
今日はちょっと(かなり)気持ちが落ち込んでいます。

落ち込むというよりも、、、
惨めで、情けなくて、不甲斐ない気持ちに、
理解されない怒りも少し加わって、ヤケを起こした感じかな。
幾つになっても、どんなに年齢を重ねても、
ふとしたことで、心がフリーズしてしまう。
私だけじゃなく、きっと誰にでもあるのかもしれないけど。

この一年。
私は私なりに、出来ることはトライしてきたつもりだったけれど、
まだまだ甘かったのでしょうか。
耳鳴りが治らないのは、きっと、こういう性格だからかな。

今日のきょうはまだ無理だけれど、
その時のことを思い出すと、涙がじんわり出てくるけれど、、、(/_;)
明日あさってには、少しづつ、いつもの気持ちが戻ってくるといいな。

今日は、意味不明の内容で、、、すみません<m(__)m>




拍手[3回]

水泳の池江選手の病気が公表されたことで、

いろんな報道がされています。

日本の水泳会を代表する選手だから、

ある程度は仕方が無いとは思うけれど、

どこどこの大臣が、誤解を生じる発言をしたとか、

それに乗じて「辞任せよ」と騒ぐ野党とか、

同じ病気を克服した人、或いは克服できなかった人の話とか

専門の医者の病名解説とか、

全然関係なさそうな人のコメントとか、

なんだかもう、見ていられません。

池江選手本人もそうだけど、

ご両親はどのような思いで、この報道を見ているんでしょう。

そっとしておいてあげて欲しい。




拍手[3回]

プロフィール

HN:
あんどーなつ
性別:
女性
自己紹介:
大阪生まれの京都育ち。
結婚を機に京都から東京へ。娘が3人。
現在、念願の?ひとり暮らしを満喫中♪
自分時間を大切にしながら、コンパクトな暮らしを心がけています。
※約6年間、右脚・変形性股関節症を温存していましたが、2018年5月に全置換手術をしました。

カレンダー

01 2019/02 03
S M T W T F S
3
18 20 21 22 23
24 25 26 27 28

フリーエリア


Copyright ©  -- 昨日よりほんの少し --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]