忍者ブログ
HOME Admin Write

昨日よりほんの少し

今日が昨日より少しだけ良い日でありますように

大学時代の友人と、昨日30年ぶりにメールで話をする機会がありました。

転居届の不都合で、彼女の差し出した年賀状が舞い戻り、
私の年賀状に添えていたメールアドレス宛に、
送信してくれたことがきっかけでした。

彼女と最後に会ったのは、たしか1988年の初め。
春には、私が結婚で東京に行くことが決まっていたので、
「久しぶりに皆で会いましょう」と、大学時代の友人ら6人で、
京都で食事をしたのが最後だったと思います。

以来、お互い年賀状のやりとりだけは続いていたけれど、
実際に会うことは一度も無いまま、気づけば30年の月日が。

私がひとり暮らしを始めたことについて、
「何があったの?」とは聞かず、
『人生の新しい選択をされたのですね』と言ってくれた彼女。
「選択」という言葉に、救われたような気持になりました。

『、、、家庭を持ってからは、なんでまあこんな次々と
厄介なことが起こってくるんだろう。神様はなんて意地悪なんだろうと
、、、心の病気になったこともありました。』

私の30年がそうであったように、
彼女もまた、語っても語っても語りつくせない出来事を経て、
今に至っているんだなあ、、、と。


『人はみなそれぞれの人生を終える時には、
よかったことも、そうでなかったことも、平等だと言われているけど、
そうかもなあと思えるようになりました』

今はなんとか日々の暮らしをそこそこ平穏に送っているという彼女に、
「本当にいろいろあったよね。でも私達頑張ってきたよね」と
互いの人生にエールemojiを送りたくなりました。

年賀状をやめようかと思うこともあったけれど、
繋がりを断たずにきたことで、きっかけとなった彼女とのメール。

「年賀状も悪くない」
そう思えた出来事でしたemoji




拍手コメントをいただいたT.Aさんへ。

「ブログの表に出ないかたちで、、、」ということでしたので
どのように対応してよいのか分からず、戸惑っておりました。
すぐにお返事ができず、申し訳ありませんでした。
「関所を超えないと次の場所に行けないとの思い」同感です。
私も、この関所を超える勇気が無く、手術を先延ばしにしておりました。
長い葛藤がありましたが、ようやくひとつの関所を超えられた気がします。
手術の経過等、またこのブログで少しづつお伝えできたらと思っています。

ありがとうございました。




拍手[2回]

PR

プロフィール

HN:
あんどーなつ
性別:
女性
自己紹介:
大阪生まれの京都育ち。
結婚を機に京都から東京へ。娘が3人。
現在、念願の?ひとり暮らしを満喫中♪
自分時間を大切にしながら、コンパクトな暮らしを心がけています。
※約6年間、右脚・変形性股関節症を温存中でしたが、2018年5月末に全置換手術をしました。

フリーエリア


カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
2 5
11 15
18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Copyright ©  -- 昨日よりほんの少し --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]