忍者ブログ
HOME Admin Write

昨日よりほんの少し

今日が昨日より少しだけ良い日でありますように

普段、夫とのメールはほとんどが事務連絡で、お互い用件だけを知らせる
素っ気ないものだ。

先日、たまたま見ていたテレビの特集番組で、
夫と同じ宗派(夫は僧侶)の人が、お墓や供養についての解説をしていた。
「この人、夫は知ってるかも。」
軽い気持ちで、
「〇〇寺の副住職さんが、今テレビに出ています。」とメールをした。

夫からはすぐ返信が来て、
「それはフジテレビ系でしょうか?残念ながらうちのテレビでは受信できません」

はいはい、田舎だからね。こちらと違って映らない局があることは私も知っている。
急いで局を確認してから、

私「テレビ朝日です。林先生の番組です」
夫「残念ですが、テレビ朝日も移りません」

きっと、悪気はないのだろう。
ただ、人に対する配慮が少し足りないだけ。
いつものことだと思いながらも、
「最初から、フジテレビとテレビ朝日は映りません」と言ってくれたら、
それ以上のことはする必要は無かったのにな、という気持ちはぬぐえず、
モヤモヤだけが残った。

結婚してまだ間が無い頃、その日は夕方に出かける用事があるので
晩御飯をいつもより早く用意してくれる?と夫に言われたことがある。
そろそろかな、という時間になったので
私「そろそろ準備始めようか?」
夫「まだ少し早い」
私「わかった」


夫「じゃあ用意してくれる?」
私「え?」

なんと、まだ早いといわれてから、まだ5分しか経っていない。

私「さっき聞いたの、5分前だよね?なにそれ?」
夫「ああでも、さっきじゃまだ早いと思ったから」

私は、屈辱感で足元から怒りが湧き上がり、体が震えてきた。
「人を馬鹿にするのもい加減にしなよ!」とぶちまけた。
結局、私は食事の用意は放棄し、夫は私が何に対して怒っているのかが、
さっぱり理解できないという顔で、黙って出かけて行った。

つまらない愚痴だと思われるかもしれない。
30年近く前のことも、今回のメールのことも、私だけが感じる不快感で、
他のひとから見れば「?」なのかもしれない。
でも、私は今更ながら再確認した。

ああ、やっぱり夫は少しも変わらない。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 50歳代へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ
にほんブログ村

拍手[1回]

PR

プロフィール

HN:
あんどーなつ
性別:
女性
自己紹介:
結婚を機に京都から東京へ。
2017年末娘の成人をもって、子育てもほぼ終了。
50代の後半がスタートしました。
現在、念願の(?)ひとり暮らしを満喫中。
右脚の変形性股関節症 温存中です。

フリーエリア


カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
3 6
8 13
20
25 26 27 28
29 30 31

Copyright ©  -- 昨日よりほんの少し --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]