忍者ブログ
HOME Admin Write

昨日よりほんの少し

今日が昨日より少しだけ良い日でありますように

昨夜、NHKの番組『チコちゃんに叱られる』の中で

疑問「学校でうさぎを飼うのは何故?」
答え「ちょうどいいから~~」
意味「泣かない・噛まない・夜行性なので昼間寝ている
   =世話がラク=学校で飼うのにちょうどいい」
  
、、、というのを見て、思わず笑ってしまったのだけど、
同時に、次女と末娘が小学校の時、クラスの「飼育当番」になった時の、
嫌な記憶が蘇りました。

次女も末娘も、動物が好きで自分から当番になったので
それ自体は良しとしても、、、
問題は、一緒に当番になった子達の、無責任さといい加減さに
当人だけでなく、親の私までが疲弊してしまったこと。

特に、酷かったのが次女の時。
夏休み中は、曜日を決めて、学校まで何度かお世話に行くんだけど、
次女以外、誰も来ない。
夏休み中だけでなく、普段の日も、習い事やら、塾やら、用事があるやら、
なんだかんだと理由をつけて、当番をさぼるので、
たまりかねた私が、担任に相談を持ち掛けたこともありました。

担任の先生は、いつも同じ子(=ウチの子)がひとりで当番を
やっていたことを、私が話すまで、まったくご存知無く。
事情を聞いて驚かれ、サボった子達を呼んで、
注意してくれたまではよかったけれど、、、

学年最後の保護者会。
「この一年の様子を振り返って」のテーマで、一言ずつ語る場で、
いつもさぼっていた子の親が、
「飼育当番になって、命の大切さとか、生き物との触れ合いを
知ることができて、、、」と話始めたときは、
もう呆れてしまって、蹴り倒したい衝動(失礼emoji)をこらえました。

学校も、子供には注意しても、親にまで知らせない。
だから、親は自分の子はちゃんとやっていると思っているんですね。
一番驚いたのは、自分の子が飼育当番になっていることすら
知らなかった親も、、、
ふとしたことから、家庭での親子関係が透けて見える。
そんな複雑な思いも抱きました。

「学校で動物を飼う意味って、いったい何?」
「命の尊さを語る以前に、自分の子のことをもっと知れ!」

もうずいぶん前のことだけど、
チコちゃんの番組を見ながら、当時の嫌~~な記憶が
蘇ってきたのでした。

おしまいm(__)m





☆拍手コメントをいただいた、くるみさんへ


ユニクロのカーディガン、お安くて買っちゃいました(*^^)v
プチプライスの洋服をワンシーズンで着るのもアリですよね♪

くるみさんも、過去に同じような経験をされたのですね。
学校に相談を持ち掛けた時、こう言ったんです。
「当番や委員会も、大事な学校教育の一環ですよね。
それなら、真面目な子が損をするようなこと、
そのことを学校が
放置することの無いようにしてください。
そうでないなら、学校で動物なんて飼わないでください」

怖~い保護者だと思われたでしょうね(^^;)
でも、くるみさんのおっしゃるとおり、「命の大切さ」は
本来家庭で学ぶもの。
学校で動物を飼うことで学べるわけではありません。
今も多くの学校で、生き物の飼育をしているところが
あると思いますが、その目的や意図が明確であるところが
どれだけあるんだろうと思ってしまいます。




拍手[3回]

PR

プロフィール

HN:
あんどーなつ
性別:
女性
自己紹介:
大阪生まれの京都育ち。
結婚を機に京都から東京へ。
21歳~28歳までの娘が3人。
現在、念願の?ひとり暮らしを満喫中♪
自分時間を大切にしながら、小さくてもスッキリした暮らしをめざしています。
※6年間、右脚変形性股関節症を温存中でしたが、2018年5月末に全置換手術しました。

フリーエリア


カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
2 5
9 11
17 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Copyright ©  -- 昨日よりほんの少し --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]