忍者ブログ
HOME Admin Write

昨日よりほんの少し

今日が昨日より少しだけ良い日でありますように

都内の外科クリニックに通うため、
昨日の夕方から、夫が部屋に立ち寄っていました。

夫は2か月前、電車を降りる際にふらつき、
バランスをとるためについた指の置き所が悪かったのか、
薬指の腱を切ってしまい、その手術と治療のために
赤坂にある、手の外科専門のクリニックに通っていました。

昨日、ようやく指に入っていた金属を抜き、
今朝の診察後、「指が伸びるようになっていた」との連絡が。
金属を抜いた後に、指が伸びるかどうかが大事なカギだったので、
とりあえずは安心しました。

別々に暮らし始めてから2年ちょっと。
たまに会うことがあっても、時間に余裕のない夫はいつも落ち着かず、
ゆっくり話をする時間は、ほとんど無く。
昨夜は久しぶりに、部屋でご飯を食べながら、
今後必要なお金のことや、生命保険、万が一のことなど、
日頃から気になっていたことについて、少し話をすることができました。

何か月も前から決まっている大事な日程の直前直後に
後から入ってきた予定(飲み会などの集まりが多い)を
躊躇なく入れてしまったり、言うことが前とビミョーに変わっていたり、
いまひとつ、「信用できない感」「アテにならない感」がある夫emoji
こういう機会をつかまえて、私から話をもちかけない限り、
今後、夫のほうから具体的な話が来る可能性は、無きに等しい。
そう思ったからです。

お互いに、いつ何があってもおかしくない、そんな年齢になりました。
「いつか話そう」「いつか聞こう」と思っているうちに
その日が突然来てしまった、、、は容易に想像がつきます。
別々に暮らしている夫婦なら、その不安は尚更です。

ことお金に関する手続きは、どんなに心の準備をしていても、
その時にならないと出来ない、動けないことも多いのが現実。
後に残った者が、少しでも困らないようにしておくためにも、
『話せることは、話せるうちに、話しておく』
そんなことが、これからは夫婦の大事な仕事になっていくと。

ああでも、そう思っているのは私だけなんだろな、きっと(-_-;)




拍手[4回]

PR

プロフィール

HN:
あんどーなつ
性別:
女性
自己紹介:
大阪生まれの京都育ち。
結婚を機に京都から東京へ。
21歳~27歳までの娘が3人。
現在、念願の?ひとり暮らしを満喫中♪
自分時間を大切にしながら、シンプルな暮らしをめざしています。
※右脚・変形性股関節症 温存中です。

フリーエリア


カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
2 4
7 9 12
14 16 18
23 24 25 26
27 28 29 30 31

Copyright ©  -- 昨日よりほんの少し --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]