忍者ブログ
HOME Admin Write

昨日よりほんの少し

今日が昨日より少しだけ良い日でありますように

大礒町の給食食べ残しが、問題になっていますね。
問題をとりあげる番組を見るたび、とても嫌~~~な気持ちになるんです。
給食を残す子供にではなく、それに対する大人のコメントに対して。

「子供たちが気の毒。かわいそう」
「食育は大切ですからね」
「なんとかしてあげたいですね」
「親御さんも心配でしょうね」
「なぜ、業者を変えないんでしょうか?」
「子供たちが安心して給食を食べられる日は来るのでしょうか」

異物混入はあってはならないけれど、問題は異常とも言えるその数の多さ。
シャープペンの芯が弁当に入っていたというのも、
騒ぎに乗じて、生徒が故意に入れたと考えても不思議はないでしょうし、
ましてや、まつげなんて、、、ありえる?
なんでもかんでも給食センターの責任みたいにコメントする大人達。
不愉快でたまりません。

「まずい」と言って残すのは、本人の好き嫌いがひどいか、我儘なのだから、
それに対して、「かわいそう」という発想はおかしいのでは?
「冷めている」にしたって、食中毒を考えたら、冷ますのが当たり前。
家で作るお弁当だって、傷まないよう冷ましてからフタをするくらいのことは
親なら皆やっていること。
温かい食事が食べたいなら、朝食や夕食で家庭で摂ればいいことです。

限られた予算の中で、万人の口にあう給食を提供するなんてどだい無理。
異物混入と食べ残しと食育を、同じ線上で語るな。

給食廃止になって、弁当持参になったらなったで、
面倒だとか困るとか、文句を言う親がまた出てくるに決まっています。
誰かひとりくらい、大人がちゃんと言えないの?

「まずかろうが、冷たかろうが、提供されたものを感謝して食べろ!」と。

にほんブログ村 シニア日記ブログ 女性シニアへ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 小さな暮らしへ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 股関節症・股関節脱臼へ
にほんブログ村

拍手[4回]

PR

プロフィール

HN:
あんどーなつ
性別:
女性
自己紹介:
結婚を機に京都から東京へ。
2017年末娘の成人をもって、子育てもほぼ終了。
50代の後半がスタートしました。
現在、念願の(?)ひとり暮らしを満喫中。
右脚の変形性股関節症 温存中です。

フリーエリア


カレンダー

12 2018/01 02
S M T W T F S
2 4
10
15 17 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Copyright ©  -- 昨日よりほんの少し --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Material by 押し花とアイコン / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]